今回のPITニュースはいすゞのミュー、フレームのサビ落しと補強依頼のご紹介です。
20100922-DSCF52291.jpg
4WDという機動力の高さゆえ雪道や海、泥道など条件の悪い場所を走行すると
外装が綺麗でも意外と足回りはサビが進行しているケースがあります。
20100820-DSCF5234.jpg
この車輌はオーナー様の依頼でリアリーフの付け根のフレームが錆びにより
穴があいてしまった為に修理、補強を行いました。
20100820-DSCF5235.jpg
上記の塗装を剥がすと・・・ 大きな穴が!
20100820-DSCF5392.jpg
フレームの上にボディーが載るのですが、そのボディー側の床面がこれも錆びにより陥没
ボディーを内側から切り開いて切除、新たに鉄板を張り付けて補強。
20100820-DSCF5423.jpg
20100820-DSCF5425.jpg
このような特殊な作業は一度ボディーをフレームから何センチか持ち上げてすき間を
作ってからの作業になるので、ボディーリフトと同じ技術を応用。
20100820-DSCF5421.jpg
20100820-DSCF5428.jpg
施工後の仕上げにより見た目もほとんど純正と変わらず、純正以上の強度に。
20100820-DSCF5501.jpg
リアバンパーを外してフレーム内部を覗いてみると・・・
20100820-DSCF5278.jpg
フレーク状の錆が蓄積していて
フレームの鉄板は肉薄に
20100820-DSCF5276.jpg
20100820-DSCF5265.jpg
フレーム内側を丸くくり貫いて空いた穴を埋め、補強板をさらに追加
20100820-DSCF5379.jpg
これ以上、錆の進行を防ぐ為にフレーム内部、外部へ強力防錆剤であるハードWAXを吹き付けて仕上げ
20100820-DSCF5411.jpg
360度WAXを噴霧する特殊ノズル
もちろん最後に空けた穴も塞ぎ、黒塗装とハードWAXで錆を食い止める!!
20100820-DSCF5400.jpg
鉄板を追加してフレーム強度UP
20100820-DSCF5561.jpg
一番路面からの力が掛かるリーフの付け根も修理、補強(ピボット部)
20100820-DSCF5416.jpg
20100820-DSCF5585.jpg
穴を塞いだフレーム内側
20100820-DSCF5583.jpg
リアステップの純正価格がナント¥35000!!
20100820-DSCF5232.jpg
20100820-DSCF5429.jpg
錆でダメな所だけ同じ厚みの鉄板で作成
20100820-DSCF5553.jpg
これで約半額に♪  加工が得意なTAKE-OFFだから出来るお客様のメリットであります
20100820-DSCF5576.jpg
最後に新品のゴムパッドを着ければ新品同様
20100820-DSCF5581.jpg
あきらめる前に4駆の専門店であるTAKE-OFFへ!まずは無料見積もりでご相談ください。

おすすめの記事