イベント情報

第7回 サンドアタック IN KAMISU 結果報告

第7回 サンドアタック in KAMISU

開催日 2006,8,20
場所  茨城県神栖市南浜(神栖市多目的広場)
入場台数  180台(エントリー114台)
入場者数  400名(推計)

サンドドラッグレースレギュレーション

クラス1

2500cc以下のガソリン車、3000cc以下のディーゼル車(過吸気付は1.4倍で 計算します)車検付であり、過吸気の変更、追加はクラスXに編入。

クラス2

上記以上の排気量で、車検付の車両(過吸気の変更等は、クラスXに編入)

クラスX

上記クラスで飽き足りない方、改造無制限、車検無し可、但し、安全装 備は必要。

* 過吸気はターボ、スーパーチャージャー等で、ニトロ等も含む。

バナゲカーナレギュレーション

とにかく面白ければOK、クラス分無し(車検は必要)、安全装備等は参加者の良識に全 て任せます。

会場全景

レースリザルト

スナップ写真 その1 | スナップ写真 その2 | スナップ写真 その3 | 全リザルト

サンドドラッグ クラス1(エントリー18台)

1位

石嵜 政視(イシザキ マサミ)

ジムニーJA11

14.17秒

2位

豊田 和彦(トヨダ カズヒコ)

ジムニーJB32

14.36秒

3位

長嶺 浩之(ナガミネ ヒロユキ)

ジムニーJB33

14.58秒

1位の石嵜さんは昨年に続き連勝で、タイムも0.1秒短縮しており、コースコ ンディションを考えると、すばらしいタイムです。今年のコースは自然の砂浜に近づける為、例年 の3倍以上掘ってあり、轍をはずした瞬間に失速するような中、見事な腕を見せてくれました。

犬ション大会ランチタイム

サンドドラッグ クラス2(エントリー50台)

1位

小幡 秀夫(オバタ ヒデオ)

三菱ジープJ58改2.6L

12.67秒

2位

花田 利明(ハナダ トシアキ)

ランクルFZJ80

13.08秒

3位

柚木 英幸(ユキ ヒデユキ)

パジェロJトップ3.5L

13.47秒

史上最多のエントリー台数の中、1位2位は昨年と同じ顔ぶれ、皆がタイムを延ばせない中で、昨年を上回るタイムで入賞したのは見事です。来年からはクラスアップして頑張ってください。

表彰式1表彰式2

サンドドラッグ クラスX(エントリー13台)

1位

小泉浩之(コイズミ ヒロユキ)

ジムニーJA11改4AG

12.08秒

2位

石原吉郎(イシハラ ヨシロウ)

ジムニーJA11改4AG

12.44秒

3位

椎野 潔(シイノ キヨシ)

ランクル70改2JZ

12.70秒

**またも、トップは小泉さん、但しタイムは12秒を切ることは出来ませんでした。 しかし、去年よりかなりきついコースコンディションの中、見事なタイムです。

表彰式3表彰式4

バナゲカーナ(エントリー33台)

1位

藤城 浩光チーム

タイム59.05  水量190g  輪投げ2本

2位

水野 聡 チーム

タイム62.75  水量200g  輪投げ2本

3位

米田 実 チーム

タイム63.85  水量200g  輪投げ2本

サンドアタックのメインイベントバナゲカーナとは、簡単に言えばサンドジムカーナの2人3脚です。

ドラッグレースは1人ですが、このレースはナビゲーターとドライバーの相性と性格が大事なレースで、頭を使って如何に早く正確に水を運び、輪投げを成功させるかが、勝敗の鍵です。

輪投げ1本10秒、水200gで40秒のボーナスポイントの設定でした。

優勝した藤城チームは親子でWエントリーでしたが、2駆でクイックターンを目論んだ息子は失敗で、素直に四駆で走った父が面目を守り、見事初優勝をもぎ取りました。

表彰式5表彰式6

スナップ写真 その1 | スナップ写真 その2 | スナップ写真 その3 | 全リザルト

イベントトップへ戻る